薄毛のタイプによる自毛植毛の本数の目安例

自毛植毛の費用は基本的な治療費以外に植毛を行なう本数によりトータルの費用は大きく変わります。どれくらいの数を移植するべきかは人それぞれ違うもので、広い面積で抜け毛が生じていればそれだけ費用も多く掛かることになるのです。この点について自毛植毛を行なうクリニックの公式サイトを見てみると、薄毛のタイプによりそれくらいの本数を植毛すべきかの目安例が記載されていますので、およその費用を把握することができます。

アイランドタワークリニックのケース

まずアイランドタワークリニックではサイト内で薄毛のタイプごとの植毛本数の目安例が紹介されています。タイプについては、生え際の後退・前頭部から頭頂部までの脱毛・頭頂部の脱毛・広範囲の脱毛、などの4パターンが示されています。まず生え際の後退では移植本数が1,080〜1,620本でグラフト数は400〜600グラフトに、続いて前頭部から頭頂部までの脱毛では移植本数が2,160〜3,240本でグラフト数は800〜1,200グラフトとなります。また頭頂部の脱毛では移植本数は2,700〜4,050本でグラフト数は1,000〜1,500グラフトに、広範囲の脱毛では移植本数は5,400〜8,100本でグラフト数は2,000〜3,000グラフトと紹介されています。

ルネッサンスクリニックでのケース

続いてルネッサンスクリニックでもサイト内で薄毛のタイプごとの植毛本数の目安例についての紹介があります。タイプについては生え際部分の脱毛・前頭部の脱毛・前頭部から頭頂部にかけての広い範囲の脱毛の3パターンが紹介されています。まず生え際部分の脱毛の場合は移植範囲が比較的に小さくおよそ500グラフとが目安になり、続いて前頭部の脱毛では750グラフト、広い範囲の脱毛では1000グラフトとされています。

実際の移植本数は来院のうえ確認する

上記でご紹介した目安はあくまで一般的な自毛植毛の本数になるのですが、これは必ずしも全ての方に適用されるわけではありません。頭髪の状態は人それぞれで大きく変わりますので、まずは来院したうえで医師に見てもらうと良いでしょう。

自毛植毛病院の選び方