ロボットによる自毛植毛の特徴や効果

以前より産業界では物の製造でロボットを活用するケースが多くあります。人の手で行う作業とは大きく異なりより精密な作業を速いスピードで行えることが大きな特徴で、自動車産業からエレクトロニクスなどを始め様々な分野で用いられています。一方で医療関係の分野でも用いられることがあり、自毛植毛でも専用のロボットが使われる事もあるのですが、こうした施術にはどのような特徴や効果があるのでしょうか。

特徴について

まずロボットで施術を行なう場合の特徴についてですが、採取の際に髪の根本部分をカメラで撮影し、デジタル画像処理で判別してより正確に移植株を採取することが可能です。医師の手により採取を行う場合は、医師の経験やスキルにより施術の質が左右される事になります。また毛根は必ずしも一定の方向に伸びる訳ではなくあらぬ方向に伸びていることがあります。そうしたケースでは毛根を切断したり傷つける可能性が高くなるのですが、一方で自動化された機器を用いれば高度なデジタル画像処理により正確に採取することが可能で、正確性だけでなく作業時間も大幅に短縮することが可能です。

効果について

続いてロボットを用いた自毛植毛の効果についてですが、高い正確性を維持して採集が行われますので髪の根元の切断率が小さく押えられます。当然ながら毛根が傷ついた髪の場合はその後生存する事も無くすぐに抜け落ちる事になり、採集における正確性の高さは移植後の髪の定着にも大きく左右する事になります。

それ以外のメリットやデメリットについて

また機器には安全センサーがついていることから患者さんが動いた場合でもすぐに停止するなど安全性が高く、わずかな時間で施術が終りますので患者さんは疲れることもありません。ただその一方で高価な医療機器になりますので従来型の医師の手による自毛植毛と比較すると若干費用が高くなる傾向があり、この点は少なからぬデメリットとなりますます。

自毛植毛病院の選び方